学校経営方針

(1)学校・家庭・地域社会の相互理解と信頼を深め、全教職員が自らの職責を自覚するとともに、教育的識見と英知を結集して、生徒の夢をはぐくむ学校経営に参画する。

(2)基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせるとともに、生徒の良さや特性を把握し、可能性を伸ばし、新学習指導要領への移行期に応じた教育活動を展開する。

(3)生徒一人ひとりが存在感をはじめ、成就感、達成感、満足感を味わい、生き生きと活動できるように努めるとともに、悩みの解消を図り、いじめのない、明るく楽しい学校を目指す。

(4)「報告・連絡・相談・結果の報告」、「確認・確認・確認」、「教育実践+説明責任」を合言葉に、より信頼される教育者を目指す。

(5)家庭や地域社会に積極的に学校の教育活動や運営状況を公表するとともに、連携を密にし、地域の教育力を生かし、地域に根差し、地域が誇れる学校づくりに努める。

 

 

重点目標

生徒一人ひとりが存在感や成就感を味わい、学ぶ喜びを感じ、さらに生きる喜びを感じる学校を目指して、生徒一人ひとりを大切にし、大いに語り合い、理解に努め、夢をはぐくむ教育を展開する。

 

基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、「確かな学力」の向上を目指す(知育)

全教職員の共通理解のもとに、学習規律を高め、積極的に生徒同士の学び合いや反復学習を導入するなど指導内容・方法の工夫・改善を通して、基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る。また、全教科等において書く活動や発表等を重視し、判断力及び論理的な思考力、表現力を高め、確かな学力の向上を目指す。

※「基礎的・基本的な内容」とは、学習指導要領を最低基準ととらえる意味での「基礎・基本」とは異なり、その後の学習を円滑に進めるうえで不可欠であり、その時点でこれだけは確実に身につけさせたいと教師が考える知識や技能を意味する。 

※「確かな学力」とは、知識や技能に加えて、学ぶ意欲や自分で課題を見付け、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題解決する資質や能力等まで含めたものを意味する。

 

 

 生命を尊重し、人を思いやり、感動する心をはぐくむ(徳育)

   家庭や地域社会、関係機関との連携を深め、体験活動等を生かした、生徒の心に響く道徳教育の推進を図る。

   ※ 教師自らが生徒とともに考え、悩み、共感する姿勢をもち、道徳的価値の自覚が一層図られるよう、学校の中心となって道徳教育を推進する教師を軸として、ボランティア活動や自然体験活動、社会体験活動等を生かした取り組みの工夫や魅力的な教材の開発に努める。

 

たくましく生きるための体力や健康を培う心をはぐくむ(体育)

生徒が自ら進んで運動に親しむとともに、生涯にわたって積極的に運動に取り組み健康管理ができる資質や能力をはぐくむために、体力向上及び健康の保持増進に関する指導に計画的に取り組む。

 ※ 運動の特性に触れる楽しさや喜びを味わいながら体力向上に取り組ませるとともに、健康に対する知識を習得させ、健康の保持増進のための思考力、判断力等を高められるよう努める。

 ※ 健康の保持増進には食に関する指導も含む。

 

 地域の風がいきかう学校づくりを進める(地域連携)

地域の方々と積極的に交流し、郷土愛をはぐくむとともに、家庭や地域社会に学校の教育活動や運営状況を積極的に公表し、地域の教育力を生かし、信頼され、愛され、地域が誇れる学校づくりに努める。

※ 地域の子どもは学校と家庭・地域が一体となって育てるという考えのもとに、積極的に学校を開き、地域の教育力を生かすとともに、交流を通じて本校教育への理解を求め、寄せられた提言を十分に検討したうえで、学校運営の改善・充実に生かしていく。